悩んだときにはこんなギフトも!

内祝いを選ぶポイント

内祝いとは、身内や親族、親しい人の出産、就職、退院などへのお祝いのことを指します。他にも、結婚や家を新築した場合にも、内祝いを送ることがあります。内祝いでは、相手の意向に沿った、負担や迷惑にならないお祝いを贈ることがポイントになります。そのため、内祝いでは、相手の生活に必要とされる、消耗品を贈ることが一般的のようです。例えば、出産の内祝いの場合は、赤ちゃんに必要な身の回りの品を贈る傾向にあります。ただし、赤ちゃんによって使っている消耗品は異なるので、内祝いに専用のギフト券を贈る人が増えました。さらに、出産への内祝いの場合、赤ちゃんの名義で贈ることがマナーとされています。このような細かい点は、ギフトを選ぶ際に店員などに尋ねると失敗がありません。 他方で、快気祝いの場合は、飲み物や好みのお菓子など、いわゆる「消えもの」を贈ることが一般的です。ただし、快気祝いの場合は、まだ相手の健康状態が定かではありません。また、健康状態によって必要とされる品も異なってきます。快気祝いにも、ギフト券の選択が無難なのではないでしょうか。快気祝いを贈る場合は、退院してから一週間以上あけてからにしましょう。一筆入れると、さらに喜んでもらえます。

スマートな贈りものを選ぼう

結婚祝いは、ギフト券がぴったりです。新婚の場合、二人のライフスタイルにあわせて物を選びたい可能性があります。無理に贈答品を決めるのではなく、ギフト券に一筆添えて贈ることが、スマートな内祝いになるのではないでしょうか。いずれにせよ、贈るものに悩んだ場合は、ギフト券や専用のカタログを選ぶ方が、相手の負担になりません。

他方で、就職の内祝いは、選ぶのが大変難しい贈り物でもあります。就職したての相手に対して、高額のものを贈るのは避けた方が無難です。なぜなら、相手の負担になってしまう可能性があるからです。内祝いの場合は、返礼があることも想定して贈りものを選ぶ必要があります。就職の内祝いで人気なのが、お菓子やお茶、コーヒー豆などです。お菓子は家族で分けることもできるし、就職先にも持っていくことができます。気軽に受け取ってもらえるために、相手の負担にもなりません。また、お茶やコーヒー豆なども、気軽に消費することができるので、受け取る側にも喜んでもらえます。普段はあまり手にしない、凝ったお茶やコーヒー豆を選んでみてはいかがでしょうか。新築祝いや開業祝いの場合も、同様に食品が喜ばれます。また、塩や醤油などをセットにした調味料も人気です。