結婚や出産など、家庭でお祝い事のあったときのしきたり「内祝い」。そもそもどのようなものかご存知ですか?人生において限られた機会にしか見聞きしないため、よくわからない!という方も多いのではないでしょうか。内祝いの意味から、時期や予算などの基本マナー、そしてオススメのアイテムなど具体的にご紹介します。

「内祝い」の基本を知ろう!

内祝いの本来の意味をご存じですか

本来内祝いとは、身内にお祝い事があったときに、内輪でお祝いをするという意味が込められています。そのおめでたいことを分かち合うために親戚やお世話になった方々に贈り物をするのです。

予算はどれくらい?

内祝いとはどういうもの?

社会人になると、お祝いや贈り物など様々なイベントが発生します。学生の頃はあまり縁がなかったという方も、お祝いなどをあげたり、逆にもらったりと大人の対応を求められます。知らなかったからという理由で相手に「失礼」な振る舞いをしないために、一般常識として知っておきたい「内祝い」について知っておきましょう。 そもそも、「内祝い」とは、内輪(家)の家族や親戚などと喜びを分け合うという、宴席や贈り物をする文化でした。しかし、現在では出産祝いや新築祝いなどのお返しという言葉で知れ渡っていますので、上司や友人、知人にも使用することができます。贈り物には、のし紙をつけて渡しますがのし紙には、出産内祝いの場合は、赤ちゃんの名前を、結婚内祝いの場合は、夫婦の名前を記入して送ることが一般的とされています。元々の喜びを分け合うという部分は現在でも変わらず、感謝の気持ちを込めてお渡ししますので、お祝いをもらってから時間をかけずに、できれば1ヶ月以内には渡せるように準備をしましょう。百貨店などで商品を購入する場合は、レジで「内祝いでお願いします」と伝えれば、店員さんが内祝いののしと名前(ふりがな)、水引きをつけて包装してくれるので、迷った場合は百貨店などに行くと良いでしょう。

内祝いのお返しの相場は

内祝いを送る時、「一体どれぐらいの値段のものを送るのかな?」と不安になります。上司や会社の人にお祝いをもらった時、カジュアルな感じでお祝いをもらった時など、様々なケースがあり困ってしまうことも多々あると思います。しかし、基本は「もらった金額の半分」を基準に贈り物を選んでみましょう。例えば、「1万円お祝いをもらったら5千円のものを内祝いで送る」家族や親戚、知人友人にはこれで「失礼」には当たりません。上司や目上の人に内祝いを送る場合は、あまり高いものをお返しするということが「失礼」に当たりますので、半分から1/3ぐらいで贈り物を選んでみましょう。また、最近ではあまり格式ばらずにカジュアルなお祝いをする場合もありますので、その場合は相手に合わせて、タオルやお菓子などを贈ります。 ただし、内祝いとは喜びを分け合い「ありがとう」の気持ちや「感謝」「ご心配をおかけしました」など思いやりに対してお返しをするものですので、金額を気にして贈るのが遅くなってしまったり、贈り物で相手を萎縮させてしまっては本末転倒です。相場としては、「半額」ですが、そこまで金額にはこだわらず、相手に喜んでもらえて感謝を届けられる、そんな贈り物を選んでみましょう。